スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国哨戒艦 沈没は、核搭載のアメリカ原潜 「コロンビア号」 との衝突?

.13 2010 その他、海外事件の真実 comment(0) trackback(0)
 以下のような新たなブログも書かれていました。
どんどんブロガーによる真実の追究がはじまったようです。
(デビ夫人も国際問題に詳しそうですね。(^_^;))

この真相が解明されていくことで、はやめに戦争が勃発するのを阻止できればいいのですが。
(^_^;)


晴耕雨読の信之介:
「韓国哨戒艦 沈没は、核搭載のアメリカ原潜 「コロンビア号」 との衝突?」という記事から引用


----------------------------

中国、北朝鮮、韓国、日本、アメリカの思惑で事件の真相が隠ぺいされ、またも日本のマスコミは『大本営発表報道』に終始しているのかも知れない。

池田香代子ブログによると、
私は5月10日に、「天安」沈没は米原潜との同士討ちの可能性があるという、田中宇 さんの説をご紹介しました(「島陰に沈む米原潜」)。

そのときは、正直言って半信半疑でしたし、今もそうです。アメリカの原子力潜水艦が合同 演習中に1隻消えたなら、隠しおおせるものではないのではないか、と思っていたら、13日現在、合同演習から母港のパールハーバーに帰還していない米原潜 がある、その艦名は「コロンビア」だ、と「日刊ゲンダイ」が伝えていました(デヴィ夫人のブログで読めます)。これはどう考えたらいいのでしょうか。デビ・スカルノのブ ログ
しかしアメリカ軍の公式WEBサイトでは、5月3日に帰還している。
http://www.csp.navy.mil/releases/release_10022.shtml
USS Columbia Returns to Pearl Harbor
By MC2(SW/AW/SCW) Ronald Gutridge
COMSUBPAC Public Affairs
Release Date: 05/03/2010

PEARL HARBOR, Hawaii – Los Angeles-class fast-attack nuclear powered submarine USS Columbia (SSN 771) returned to Joint Base Pearl Harbor-Hickam Monday, May 3, following a six-month deployment to the western Pacific region.

“This was an incredibly successful deployment from completing tasking important to national interests, to engaging our allies in a positive environment.” said Cmdr. Craig Blakely, Commanding Officer, USS Columbia. “Columbia performed superbly, demonstrating the versatility of the U.S. fast attack submarine”

こんな話しを聞くとすぐ思い浮かぶのがアメリカがベトナム戦争に本格介入するきっかけとなったトンキン湾事件だ。
トンキン湾事件(とんきんわんじけん、英: Gulf of Tonkin Incident)は、1964年8月、北ベトナムのトンキン湾で北ベトナム軍の哨戒艇がアメリカ海軍の駆逐艦に2発の魚雷を発射したとされる事件。これをきっかけにアメリカは本格的にベトナム戦争に介入、北爆を開始した。アメリカ議会は上院で88対2、下院で416対0で大統領支持を決議をした。しかし、1971年6月ニューヨーク・タイムズのニール・シーハン記者が、7,000ページに及ぶペンタゴン・ペーパーズと呼ばれる機密文書を入手、トンキン湾事件はアメリカが仕組んだものだったこ とを暴露した。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
同じようにイラクが大量破壊兵器を保有しているというでっち上げでイラク戦争をはじめた事も忘れられない。 マスコミ以外のニュースソースに注目していく必要がある。

-------------------------------

 そのほかにも
「※日米韓合同企画《背後・国際金融マフィア》(三)」

では、もっと大胆な分析がされていた。
(^_^;)


スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

服部順治

Author:服部順治
いろんな真実を求めるサイトを作っています。
(^_^;)

特に9.11の真実や創価学会の真実などは好評ですね。
(^_^;)

9.11の真実

創価学会の息のかかった企業リスト一覧

服部順治のプロフィール

自画像:私自身の真実を求めて(^_^;)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。